激安!便利サイト集

引越し業者を一括にて見積もる、引越し比較一括見積

荷造り・処分するもの・揃える物などの段取り、日程決め、予算全てに手間が掛かる作業が引越しです。なるべく安く、そしてスピーディーに引越しを行なうにはまず、引越しする日を決めてから、その次に引越し業者を決めていきます。
引越しする日は、引越しする方の諸事情で決まっていきますが、引越し業者を決めるには少し時間をおかなければいけないでしょう。

もしごひいきにしている引越し業者があれば、そちらの方にお願いするもよしですが、もともと地域に密着した業者が存在しますし、数年に一回の引越しをなると引越しの常連さんになることは稀です。
やはりその都度で引越しを業者を決めていくのは自然なのではないないでしょうか。

そこで引越し業者を一括して見積をし、その中からあなたの都合に合わせた業者を選ぶことが出来るのです。

引越し業者を決める基準は、まず一つに予算があります。何回も引越しを行なっている方以外には、今自分の住んでいる部屋を引っ越すことになれば、大体いくら位の予算が必要かなんて中々分からないものです。
そのときにインターネットで引越し一括見積を出せば、メールで返信される内容で大方の値段が分かります。

しかしこれでは、あくまでも大体の予算が分かっただけで、詳細までもは、業者に訪問してもらい実際に部屋を見てもらわなければ、詳しい数値をはじき出すことができません。スタッフは何人必要か、車は何トン車が何台か、道幅は広いか狭いか、家具は処分するもの、持っていくものなどの詳しい相談。自転車は何台持っていくの?など引越しに関する疑問、手順はやはり、営業マンやプロと話合うことが一番です(もちろん訪問による見積を必ず受けなければならないということは無く、お断りをすることも可能です)。

そこで金額だけではなく、実際に良い仕事をするか、それともただの安売りかなど、引越し業者の裏話なども聞きながら、合わせて検討することをオススメします。その他の注意事項は下記をご覧ください。

また、引越し業者自身がサイトを持っており、そこで見積を取ることも可能です。すべて見積もりは無料です。
引越し一括見積
最大8社に無料一括見積りができます。
一番安い引越会社が簡単に見つかる!一度の入力で複数社のサービス、料金の徹底比較が可能です!引越しの豆知識やタイムテーブルなど、便利なコンテンツも充実しています。入っている業者は引越し王の日通、アリさんマークの引越しセンター、なども含まれています。
必要事項を入力して、送信をすれば簡単に見積を取ることが出来るのです。返信されるメールを確認し、電話があった業者と相談して、実際に日取りを決めればOKです。
もし電話があった業者以外に目ぼしい業者があれば、メールに記載してある電話番号にこちらから電話をして訪問してもらえれば見積をしてもらうことが可能です。
可能というよりは、むしろ業者が望んでいることなので、快くして来て貰う事間違えありません。
【さらに詳しくはこちら】
引越し一括見積
見積サイトで有名なウェブクルー社の引越し見積サイト「引越し大手比較.com」。
常に見積サイトは、出来る限りの引越し業者に見積をして、お客様から見てなるべく条件の良い引越し業者を探してくれます。
しかし実際問題として名前が知らない業者ですと、仕事を任せる気にならないのも事実です。それは単に心理的なものだけではなく、引越しは家財を運ぶ大事な仕事です。知名度がないと、すなわち信頼感が薄いのですよね。もちろん小さい会社や、知名度が低い会社の仕事の仕方が良くないと言っている訳ではありません。
しかし、テレビコマーシャルや、チラシなど頻繁に広告を出している会社は、信頼度という点から言ったときに下手な仕事が出来ないことも確かな話なのです。

そこで大手企業だけを集めて、まとめて引越しを見積もることが出来るのが「引越し大手比較.com」です。
大手引越し会社のメリットは、信頼度の点では説明をいたしましたが、しっかりした社員教育、全国ネットワークで地域を選ばずに、どこでも引越し可能。
そして多彩なオプションサービスです。 正直言いましてこのオプションサービスは大手ならではで、企業によりさまざまなサービスを展開しています。

ピアノやマイカーの輸送、エアコンの取り付け・取り外しは当然のこと、引越し前後のハウスクリーニング、ひとり暮らしの女性に人気の「盗聴器の発見サービス」、地震の際に役に立つ「耐震グッズの販売・取り付け」、「害虫駆除」など多彩なサービステンコ盛りです。

「アリさんマークの引越社」「クロネコヤマトのらくらく引越」「サカイ引越センター」などが入っています。ちなみにサカイ引越センターは業界の中でも一番良い仕事をするそうなので、要チェックですね。
【さらに詳しくはこちら】
引越し一括見積
参加企業50社。
海外への引越しにも対応している無料引越比較サイトです。
見積もれる業者は各地域で平均5社〜最大15社。
単身・家族・法人と3つ見分けて見積を出すことが可能。また海外の引越見積にも対応しています。
【さらに詳しくはこちら】
引越し一括見積
SBIホールディングス株式会社の一括引越し見積もりサービスは、訪問見積と一括見積のうちどちらかを選ぶとこができます。概算だけを知りたい場合には一括見積で良いでしょうし、決めたいと思うのであれば、早々に訪問見積を選んだ方が最速だと思います。
訪問見積を選択した場合の参加企業は「アリさんマークの引越社」「松本引越センター」「サカイ引越センター」「日本通運」など大手企業があります。
最大で地域にもよりますが、15社の引越会社の見積が一括で出来ます。
【さらに詳しくはこちら】
ダック引越センター見積
ダック引越センターの専用サイトで、単独で見積を出すことが出来ます。各都道府県に営業所を持ち全国に展開してる最大手の引越業者ですので北海道から沖縄まで検索に応じてくれます。
インターネット上から簡単に見積を申し込むことが出来、各プランも充実しています。

単身の方は25000円(税込み)〜というサービス。長距離便の混載プランもあります。
エアコンの取り付け9800円〜。またピアノ搬送が8800円〜。
【さらに詳しくはこちら】
ハウスクリーニング比較
ハウスクリーニング業者を徹底比較します。引越しの際にはハウスクリーニングは欠かせない作業です。立ち退き時はクリーニングするかどうかで敷金の返金に差が出るかもしれないのですから。長年溜まったほこりを掃除するのは結構大変です。
また、引越し先での掃除もありますから、引越しの前後は掃除だらけになってきます。
そこでハウスクリーニング業者も存在するわけです。ハウスクリーニング比較.comは70社提携しているうち一括で最大5社までの見積が可能です。
また引越し時だけではなく、例えば単身赴任などの方が「忙しくて掃除まで手が回らない」という場合にも利用することが出来ますし、年末の大掃除なども利用することが出来ます。
【さらに詳しくはこちら】

スポンサードリンク
カテゴリ
国内・海外の格安旅行
国外・海外旅行チケット販売
航空券・チケット販売
格安パソコン/家電
健康/ダイエット
生活お役立ち情報
プレゼント/贈り物
このサイトについて
スポンサードリンク
ここで、引越しに関する注意事項としまして、いくつか考えなければいけないことを例としてあげておきます。

@処分する家具類に関して
引越しするときに出る、処分するもの。例えばテレビなどの古い電化製品、家具、戸棚やその他の細かい廃棄処分物などは、お願いをすれば引越し業者に持っていってもらうが出来ます。
しかし割高です。もともと廃棄物をを取り扱っている業者ではないので、会社の儲けを考えなくても、別途廃棄業者に委託をしなければならないので、どうしても高くつくのだそうです。しかしそこはサービスの一環で、こちらもいろいろな業者に一括して見積を出していることを、各業者は重々承知しています。仕事を引き受ける為に最低限のものなら相談に応じてくれます。あまり無理をいうのも禁物ですが、粘ってみる価値はありそうです。
それ以外のものは、粗大ゴミなど公的機関で持っていってもらうのが安いです。

A詳しい引越しの段取りについて
さすがに引越し業者はプロですので、業者にもよりますがちゃんとパンフレットを用意してくれます。それもかなりしっかりしたパンフレットです。そこには引越しに関する詳しい手順や、実際に細かく用意するもの。それに水道、ガス、電気、電話などのライフラインの手続きが紹介されています。それを読んで見えてくるものがあります。非常に助かります。

B断りづらい!
いろいろな会社の営業マンが訪問して見積もってもらっていながら、決める段階となれば一社に絞らなければいけません。その他は、当然のことながら、全てお断りをしなければいけないのです。人によってはそれが精神的な負担にならないとも限らないと思います。
そこは業者もビジネスですから案外割り切って考えています。一番さっぱりしているのは、日通です。コマーシャルで引越し王とうたっているだけあって、ブランド力が強いので、ネットで見積をして送信したら、真っ先電話が掛かってきたにも関わらず、見積をするだけして、結果は後ほど教えてくれます。インターネット以外で、たくさん仕事を取れるのでしょう。
もちろんしつこい勧誘はありません。他の業者のお話ですが、やはり日通は良い仕事をするそうです。しかしお値段が少しお高いですね。でもやはり日通に来てもらって損はありません。なぜならパンフレットが一番しっかりしているからです。長年積み重ねてきた引越しに関するノウハウはパンフレットを見れば分かります。

その他の業者は、その場で値段をはじき出してくれます。電卓を叩いて「この値段でどうしょう?」みたいな相談になってきます。その際に最も大事なことは、返事をする日を決めておくことです。
電話が掛かってきた業者と、実際に見積をしてもらえる日を決めて、全ての業者に「何日にお返事をしますから待っててください」と返すことです。 そうすれば皆さんどの業者も待ってくれます。

しかし、関西系の業者は「仕事を取ってくるまで帰ってくるな!」と、会社は営業マンに言っているといいます。ですから粘りに粘ります。なので逆に言えば、最大限に値切ることが可能ですね。関西系の業者は一番最後に回した方がいいのです。それまでに決めてしまったら、ごめんなさいと言えばいいのですから。
他の業者の見積を見せて、同じ条件でこれ以上安くしたらお願いをするといえば、驚くほど安く見積を出して来ます。さすがは関西系!最安値を更新すること間違えなしです。それでも十分に上がりはあるのでしょう。
あとは引越しするときのあなたの環境と予算、営業マンの感じなどで決めていけばいいと思います。

Cエアコンの脱着
エアコンの脱着工事はどこもオプションです。相場が8000円〜20000円。安いことは8000円ですね。エアコン脱着工事を電気屋さんに個別に発注するとやはり20000円が相場なので、引っ越す時に、引越し業者に一緒に工事をしてもらうのが、早くて安いのです。(作業自体は引越し業者が直接するのではなくて、引越し業者から委託されている電気屋さんが作業を行ないます。)その際の注意事項として、引っ越し先の配置の関係で、もし排水ホースやガス管の延長になった場合には別途料金がかかりますと、引越し業者から必ず説明を受けます。

D接し方
引越し業者に対しての接し方ですが、当然のことではありますが、仕事といえど相手も人間です。快く接してあげれば相手もいい仕事をしようと勤めます。当日の挨拶は「ご苦労様です」とご挨拶をし、ジュースかお茶を用意してるといいでしょう。
逆に言えばいい仕事をして欲しいがための知恵です。
チップに関しては、受け取るところと受け取らないところとあるようですが、余裕があれば出してあげるのも良いでしょう。受け取ってもらわなくても出されて悪い気分はしないと思います。しかしこれはあくまでも余裕がある方がすることで、特にチップを出さなくても問題はありません。

もしチップを出す余裕があれば、チップは1人あたり1000円で十分です。ほんのご飯代くらいですね。遠方に引越しをする場合には、その引越し従業員の人たちは1日仕事になりますので従業員にとってご飯代はありがたいものですが、無理をして出す必要もありません。もともと引越し業者はいい給料を貰っていると言います。
※また近い引越しでしたら、1日に2件か3件もこなすものなので、そういう場合には逆にチップはいらないかもしれません。 
Copyright © 激安!便利サイト集  link free
サイト概要/問い合わせ | リンク集 | 自動登録リンク集